*

著書

木の家をつくりたい

hon14「自然を守る」とは、ただ手を付けずに置いておくということではありません。森林は、定期的に手を加え、木を切り、新しい命を循環させていくことによって潤いと活力を得ていきます。
戦後、国産材は伐採・製材・運搬などの費用がかさみ、これに代わる材として商社が外材を安く輸入するようになりました。そのため、国産材は高価なものとして、ほんの一部の方のみが国産の自然素材を家づくりに採り入れるようになりました。

本書では、そんな時代の流れに疑問を抱いた著者が、「目の前にある山の木を使い、必要最低限のコストで木の家をたてたい」という“至極自然な発想”のもとに取り組んできた活動と想いを綴っています。日本の住宅のあり方だけでなく、自然そのものへの対し方を問う一冊です。

アマゾンでお求めいただけます。
ご注文はこちらをクリック


公開日:

follow us in feedly
1
拙者は犬

拙者は犬でござる。名は既にある・・・。 「コロ丸」と申す。

DSCF3686
今日の主役は梁です

こんにちは、工事部の伊藤です。 今日は本庄市で車庫の建て方を行い

image3
シクラメンが届きました

こんにちは 企画部小林です。 きょうは久しぶりにイベントのない週

section01_h4
OMソーラー

二十四節気の「大雪」も過ぎ、本格的な冬が到来してきましたね。 一歩外

KIMG0248[1]
今年最後の・・・

残すところあと3週間余り・・・ 早いもので・・・ お疲れ様です 

→もっと見る

PAGE TOP ↑