OMソーラーは、別名「太陽熱空気集熱式パッシブソーラーシステム」と言われ、太陽の熱で床暖房しながら換気するシステムです。 その考案者は、東京芸術大学名誉教授の奥村昭雄氏。開発時のコンセプトは、「冬の室内温熱環境を太陽熱を使って底上げできないか ?」というものでした。 自然の力を建物に利用し住宅に必要なエネルギー負荷を軽減する、パッシブデザインの考え方をもとに、「どうなっていれば人は快適なのか ?」「足りているとはど ういうことなのか ?」を突き詰めて考え、そして、試行錯誤を繰り返し、現在のカタチにたどり着きました。

「干した布団は夜まであたたかい」OM ソーラーの冬の仕組み

よく晴れた日に干されたふとんに夜寝ると、誰もがその心地よいあたたかさを実感できます。 冬のOMソーラーの家を例えるなら、まさにその心地よさ。軒先から取り込まれた新鮮な空気は屋根を伝い、ガラス部分で一気にあたためられます。 昼間は、それをベタ基礎へ熱として貯金し続けます。夜、十分に貯められたその熱は自然に放熱され、室内は自然なあたたかさに包まれます。そして、その心地よ さは次の日の明け方まで続いていくのです。

熊谷・前橋地域の年間日照時間

私たちの暮らす熊谷・前橋の地域は、年間の日照時間が 2,100 時間を超えます。 これは、全国的に見ても、太陽を利用するにはとても適した地域であると言えます。

夜間外気取り込み

よく晴れた日に干されたふとんに夜寝ると、誰もがその心地よいあたたかさを実感できます。冬のOMソーラーの家を例えるなら、まさにその心地よさ。軒先から 取り込まれた新鮮な空気は屋根を伝い、ガラス部分で一気にあたためられます。昼間は、それをベタ基礎へ熱として貯金し続けます。夜、十分に貯められたその熱 は自然に放熱され、室内は自然なあたたかさに包まれます。そして、その心地よさは次の日の明け方まで続いていくのです。

春から秋は太陽の熱でお湯を採る

春から秋のOMソーラーは、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排 出します。お湯採りは、春から秋にかけて 30 ~ 50°Cのお湯が 1 日約 300 リット ルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が十分使えるため、とても経済的です。

熊谷地域の最高気温

2007 年 8 月 16 日、熊谷の観測所で 40.9°Cという日本観測史上一番の最高気温を記録しました。この地域の夏は、秩父の山々からのフェーン現象と東京のヒートア イランド現象が重なり、極めて過酷なモノとなっています。

OM ソーラーの 5 つのポイント

春や秋のような、ほどよい自然なあたたかさ。間取りからの解放。室温の均一化、あたたかさのバリアフリー。夏も人にやさしい採涼換気効果。エネルギー消費が少ないシステム。

太陽光ではなく、太陽熱空気集熱式。昼間は、太陽の熱を基礎コンクリートに貯め、夜は自然放熱により床暖房。

シミュレーションの性能予測にもとづく建築一体のシステム

暖房しながら換気するため、空気がキレイで、ニオイがこもらない。

夏は地熱利用+放射冷却で採涼換気。

春から秋は太陽熱でお湯採り。

建てる前に事前検討。
シミュレーション

自然エネルギーを建物に活かすためには、その地域の気象条件と建物の データを合わせて検討する必要があります。この、建てる前に事前検討 を行う設計ツールがシミュレーションです。地域の気象や建物のデータ、 住まい手のライフスタイルをもとに、その家の温熱環境を模擬的につく り出し、具体的な数値で性能を予測します。その家の設計でどこを改善 すればより望ましい温熱環境が得られるのか、総合的に検討しながら予 測数値を目安として、プランの完成度を高めていきます。

OM ソーラーの 5 つのポイント

春や秋のような、ほどよい自然なあたたかさ。間取りからの解放。室温の均一化、あたたかさのバリアフリー。夏も人にやさしい採涼換気効果。エネルギー消費が少ないシステム。

OM ソーラーの省エネ性

OMソーラーは、毎年 NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発 機構)の、高効率エネルギーシステムとして補助金対象の認定を受けています。 NEDO は、この補助金を受けている方に、「3 年間継続して電力・ガス・灯油の 使用量などを『省エネモニタリングデータ』として報告すること」を義務付け ています。下の図は、NEDO にて公表されている、「住宅への高効率エネルギーシステム導 入促進事業での省エネ効果分析結果」です。 OMソーラーシステムは、グラフ中の「温風式太陽熱暖房」に該当します。こ のグラフから、OMソーラーは、さまざまな高効率エネルギーシステムの中で、 家庭内エネルギー消費量が最も少ない優れたシステムであることがわかります。

省エネシステム No.1 である理由

家庭で消費するエネルギー量は、いくら機械の性能がよくても、使い手がどう運転するかによって増えたりも減ったりもします。 OMソーラーが省エネに最も優れたシステムである理由は、システムの性能だけではなく、日本の四季を楽しみながら工夫する、 その住まい手の暮らし方に支えられていると言っても過言ではありません。30 年以上前の 1987/5/1 発行「OMソーラー・設計マニュ アル」に、考案者の奥村先生はOMソーラーについてこう書かれています。
「パッシブシステムという特別な装置があるわけではなく、設計の始めから、施工の終わりまで、そして住む人にまで引き継がれる『考 え方』なのです。」

冬、家の中が干したふとんに包まれているように、あったかいコト。夏、古い民家の土間のような、ひんやりした空気が流れるコト。そんな、自然と寄り添う、OMソーラーの暮らしを説明しています。

シンプルで分かりやすい仕組みがOMソーラーの特徴。熱の流れを知ると、もっと理解が深まります。

受賞歴
小林建設の本
社長コラム
スタッフブログ